派手に登場するもちまる先生

文鳥の栄養学―炭水化物

炭水化物は「三大栄養素」の中でもエネルギー源として最も重要な栄養素です。小型の鳥類は高い体温を維持したり、飛翔という爆発的な運動を頻繁に行うために、速効性のエネルギー源である炭水化物を常に摂取する必要があります。文鳥における炭水化物について詳しく学びましょう。
講義中にお昼寝タイムを迎えたぽんすけ先生

文鳥の栄養学 ― 脂質

ネガティブなイメージを持たれがちですが、実は体を健康に保つために欠かせないのが脂質です。脂質は量のコントロールだけでなく、必須脂肪酸をバランスよく摂取するという「質のコントロール」も重要になります。文鳥における脂質について詳しく学びましょう。
スマートに講義するもみじ先生

文鳥の栄養学 ― タンパク質

タンパク質はアミノ酸が多数結合してできています。筋肉や臓器はもちろん、クチバシや爪に至るまで、タンパク質は体を構成する要素として非常に重要なものです。さらに、酵素やホルモン、免疫物質など、生理機能の維持にも幅広く関与しています。文鳥におけるタンパク質について詳しく学びましょう。
飼い主の無礼に怒るぽん先生

文鳥が怒る場面とその理由を知ろう

文鳥は気が強く、同居の文鳥に対してはもちろん、体の大きな人間に対しても果敢に挑んでいきます。文鳥が怒る場面とその理由を知ることで、今までよりもずっと上手に文鳥の気持ちを理解することができるようになります。今回は、文鳥が怒る場面とその理由、そして怒らせないためにできることについて、詳しく学んでいきます。
風切羽を披露するぽん先生

文鳥はクリッピング(羽切り)するべき?

クリッピングの是非については、様々な見解があり、意見が真っ向から対立することも珍しくない論点です。鳥を飼うのであれば「愛鳥にクリッピングを施すべきなのか」という問題は避けては通れません。今回はクリッピングのメリット・デメリットを検討しつつ、「では文鳥はクリッピングするべなのか?」という一大テーマに迫ります。
おやつを食べたいぽん先生

文鳥の餌-成鳥にはどんな餌をあげればいいの?

文鳥を初めて飼う場合、そもそも餌として何を用意すべきなのか迷います。今回は、大人になった文鳥の餌として一般的に与えられている食品の種類と「なぜ与える必要があるのか」という理由を学びましょう。それぞれ具体的なおすすめの商品も紹介していますので、最初の餌選びの参考にしてください。
エネルギー摂取中のかえで先生

鳥と基礎代謝量-小鳥は1日何kcal消費しているのか?

鳥にとってエネルギーは飛翔という運動のために大量に必要な栄養素ですが、安静にしている時でも体温維持のためにたくさん必要になります。何もしていなくても消費されるエネルギーの量を基礎代謝量といいますが、小鳥は1日あたり何kcalを基礎代謝として消費しているのでしょうか?
苦しむ演技を見せるぽん先生

文鳥とアスファルトの危険性

道路の工事現場を見かけた際、独特のアスファルトの匂いをかいだことがある人は多いでしょう。実は、道路工事は大気汚染を起こします。人間は平気でも、体の小さな文鳥は深刻な中毒を起こす危険性がありますから、飼い主はアスファルトの危険性についてしっかり認識しておきましょう。
食べこぼしパトロール中の楪先生

文鳥と塩分過剰症

塩分のとり過ぎは人間にとって有害であるとされていますが、鳥にとっても有害です。体重の非常に軽い文鳥は、人間用のスナック菓子などの塩がたっぷり使用された食べ物を少し誤食しただけでも、塩分過剰になってしまう危険があります。塩分過剰症の深刻な症状を知り、食べこぼしを残したまま放鳥しないように気を引き締めましょう。
芸術的美しさのスピネル先生

鳥の呼吸の仕組み

鳥類は哺乳類に比べ、圧倒的に発達した呼吸器系を有しています。あまりの発達度を目の当たりにした人間の科学者の中には、「人間は呼吸器の発達に関して進化の方向を間違えたのではないか」と言う者も居るようです。今回は、鳥の呼吸の仕組みついて、人間の呼吸と比較する形で詳しく解説します。