文鳥国勢調査[4: 食事編]

文鳥国勢調査2019 結果報告 [4: 食事編]

2019年(令和元年)9月1日〜9月30日に実施された第1回 文鳥国勢調査の結果をご報告致します。報告内容を1ページにまとめると非常に長くなって読みづらいので、分割して公表しています。このページでは「4: 食事編」と題して、文鳥の食事に関する調査結果と考察を発表します。
文鳥国勢調査[3: 環境編]

文鳥国勢調査2019 結果報告 [3: 環境編]

2019年(令和元年)9月1日〜9月30日に実施された第1回 文鳥国勢調査の結果をご報告致します。報告内容を1ページにまとめると非常に長くなって読みづらいので、分割して公表しています。このページでは「3: 環境編」と題して、文鳥の飼育環境に関する調査結果と考察を発表します。
文鳥国勢調査[2: 病院編]

文鳥国勢調査2019 結果報告 [2: 病院編]

2019年(令和元年)9月1日〜9月30日に実施された第1回 文鳥国勢調査の結果をご報告致します。報告内容を1ページにまとめると非常に長くなって読みづらいので、分割して公表しています。このページでは「2: 病院編」と題して、文鳥の病院事情に関する調査結果と考察を発表します。
文鳥国勢調査[1: 人口編]

文鳥国勢調査2019 結果報告 [1: 人口編]

2019年(令和元年)9月1日〜9月30日に実施された第1回 文鳥国勢調査の結果をご報告致します。報告内容を1ページにまとめると非常に長くなって読みづらいので、分割して公表しています。このページでは「1: 人口編」と題して、文鳥の人口(文口?)にまつわるテーマの調査結果と考察を発表します。
噛まない派のまろ先生

文鳥が噛んでくる理由を知ろう

怒った文鳥は「キャルルル」と相手を威嚇する声を出しながら、勢いよく噛みつきます。文鳥が噛むのは、怒った時ばかりとは限らないのです。文鳥が噛むときには、その時々で違った理由があります。本講義では、文鳥が噛む理由、原因を学び、どのように接すればよいかを考えましょう。
派手に登場するもちまる先生

文鳥の栄養学―炭水化物

炭水化物は「三大栄養素」の中でもエネルギー源として最も重要な栄養素です。小型の鳥類は高い体温を維持したり、飛翔という爆発的な運動を頻繁に行うために、速効性のエネルギー源である炭水化物を常に摂取する必要があります。文鳥における炭水化物について詳しく学びましょう。
講義中にお昼寝タイムを迎えたぽんすけ先生

文鳥の栄養学 ― 脂質

ネガティブなイメージを持たれがちですが、実は体を健康に保つために欠かせないのが脂質です。脂質は量のコントロールだけでなく、必須脂肪酸をバランスよく摂取するという「質のコントロール」も重要になります。文鳥における脂質について詳しく学びましょう。
スマートに講義するもみじ先生

文鳥の栄養学 ― タンパク質

タンパク質はアミノ酸が多数結合してできています。筋肉や臓器はもちろん、クチバシや爪に至るまで、タンパク質は体を構成する要素として非常に重要なものです。さらに、酵素やホルモン、免疫物質など、生理機能の維持にも幅広く関与しています。文鳥におけるタンパク質について詳しく学びましょう。
飼い主の無礼に怒るぽん先生

文鳥が怒る場面とその理由を知ろう

文鳥は気が強く、同居の文鳥に対してはもちろん、体の大きな人間に対しても果敢に挑んでいきます。文鳥が怒る場面とその理由を知ることで、今までよりもずっと上手に文鳥の気持ちを理解することができるようになります。今回は、文鳥が怒る場面とその理由、そして怒らせないためにできることについて、詳しく学んでいきます。
風切羽を披露するぽん先生

文鳥はクリッピング(羽切り)するべき?

クリッピングの是非については、様々な見解があり、意見が真っ向から対立することも珍しくない論点です。鳥を飼うのであれば「愛鳥にクリッピングを施すべきなのか」という問題は避けては通れません。今回はクリッピングのメリット・デメリットを検討しつつ、「では文鳥はクリッピングするべなのか?」という一大テーマに迫ります。