公開 更新

新着研究「人間と文鳥欠乏症」

飼い主と触れ合うぽん先生
役に立ったらシェア:

新着研究報告が公開されました!

飼い主と触れ合うぽん先生

人間と文鳥欠乏症[ブン学部連携講座]

私たちの最も身近にいる人間である飼い主に頻繁に見られる疾病が文鳥欠乏症です。文鳥欠乏症を発した人間は突然興奮したり発作を起こすようになったりして、執拗に文鳥との接触や文鳥の吸引を求めるようになります。根本的な治療方法は解明されていません。飼い主が文鳥欠乏症を発症しても、愛を持って面倒を見てあげてくださいね。

Read More

その他の新着研究

派手に登場するもちまる先生

文鳥の栄養学―炭水化物

炭水化物は「三大栄養素」の中でもエネルギー源として最も重要な栄養素です。小型の鳥類は高い体温を維持したり、飛翔という爆発的な運動を頻繁に行うために、速効性のエネルギー源である炭水化物を常に摂取する必要があります。文鳥における炭水化物について詳しく学びましょう。

Read More
講義中にお昼寝タイムを迎えたぽんすけ先生

文鳥の栄養学 ― 脂質

ネガティブなイメージを持たれがちですが、実は体を健康に保つために欠かせないのが脂質です。脂質は量のコントロールだけでなく、必須脂肪酸をバランスよく摂取するという「質のコントロール」も重要になります。文鳥における脂質について詳しく学びましょう。

Read More
スマートに講義するもみじ先生

文鳥の栄養学 ― タンパク質

タンパク質はアミノ酸が多数結合してできています。筋肉や臓器はもちろん、クチバシや爪に至るまで、タンパク質は体を構成する要素として非常に重要なものです。さらに、酵素やホルモン、免疫物質など、生理機能の維持にも幅広く関与しています。文鳥におけるタンパク質について詳しく学びましょう。

Read More
役に立ったらシェア:

関連記事


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です