派手に登場するもちまる先生

文鳥の栄養学―炭水化物

炭水化物は「三大栄養素」の中でもエネルギー源として最も重要な栄養素です。小型の鳥類は高い体温を維持したり、飛翔という爆発的な運動を頻繁に行うために、速効性のエネルギー源である炭水化物を常に摂取する必要があります。文鳥における炭水化物について詳しく学びましょう。

講義中にお昼寝タイムを迎えたぽんすけ先生

文鳥の栄養学 ― 脂質

ネガティブなイメージを持たれがちですが、実は体を健康に保つために欠かせないのが脂質です。脂質は量のコントロールだけでなく、必須脂肪酸をバランスよく摂取するという「質のコントロール」も重要になります。文鳥における脂質について詳しく学びましょう。

スマートに講義するもみじ先生

文鳥の栄養学 ― タンパク質

タンパク質はアミノ酸が多数結合してできています。筋肉や臓器はもちろん、クチバシや爪に至るまで、タンパク質は体を構成する要素として非常に重要なものです。さらに、酵素やホルモン、免疫物質など、生理機能の維持にも幅広く関与しています。文鳥におけるタンパク質について詳しく学びましょう。

風切羽を披露するぽん先生

文鳥はクリッピング(羽切り)するべき?

クリッピングの是非については、様々な見解があり、意見が真っ向から対立することも珍しくない論点です。鳥を飼うのであれば「愛鳥にクリッピングを施すべきなのか」という問題は避けては通れません。今回はクリッピングのメリット・デメリットを検討しつつ、「では文鳥はクリッピングするべなのか?」という一大テーマに迫ります。

おやつを食べたいぽん先生

文鳥の餌-成鳥にはどんな餌をあげればいいの?

文鳥を初めて飼う場合、そもそも餌として何を用意すべきなのか迷います。今回は、大人になった文鳥の餌として一般的に与えられている食品の種類と「なぜ与える必要があるのか」という理由を学びましょう。それぞれ具体的なおすすめの商品も紹介していますので、最初の餌選びの参考にしてください。

エネルギー摂取中のかえで先生

鳥と基礎代謝量-小鳥は1日何kcal消費しているのか?

鳥にとってエネルギーは飛翔という運動のために大量に必要な栄養素ですが、安静にしている時でも体温維持のためにたくさん必要になります。何もしていなくても消費されるエネルギーの量を基礎代謝量といいますが、小鳥は1日あたり何kcalを基礎代謝として消費しているのでしょうか?

スリムさをアピールするぽん先生

文鳥とダイエット

文鳥は太りにくい体質をしていますが、それでも肥満になってしまった場合はダイエットが必要になることがあります。ただし、文鳥のダイエットを人間のダイエットと同じ様に気軽なものと考えてはいけません。文鳥のダイエットを慎重に行わなければならない理由と、具体的にどのようなダイエット方法があるのかについて学びましょう。

パタパタするぽん先生

文鳥と暑さ対策

文鳥は比較的暑さに強い鳥ですが、真夏の密閉された部屋に放置されれば熱射病を起こしてしまいます。特に飼い主のいない外出時は、適切に暑さ対策を行わなければ危険です。暑すぎず寒すぎず、文鳥にとって快適な温度を保つための暑さ対策について学びましょう。

ケガが怖くて細長くなるぽん先生

文鳥と事故-ケガ系

事故によって愛鳥が傷つき、あるいは命を落としてしまうことは、悔やんでもくやみきれない辛い経験になってしまいます。具体的な事故の危険を知り、イメージを持っておくことで、「はっ」と気がつくことのできる飼い主になることができます。本講義ではケガ系の事故を取り上げます。

書庫をのぞくぽん先生

文鳥とおすすめ飼育本・専門書

文鳥について知識を深めたいと願う全ての飼い主の方に向けて、レベル別におすすめの本をご紹介します。文鳥大学では鳥に関する書籍を収集し、研究を深めています。新たなおすすめの本と出会った場合には、紹介する本のラインナップを更新していきます。