尾羽を繕うぽん先生

文鳥と甲状腺腫

甲状腺腫はヨウ素の欠乏が慢性化することによって生じる疾病です。甲状腺は代謝に関与する重要なホルモンを分泌しているほか、近隣に気道や食道、心臓等の重要な器官があるため、甲状腺腫が発症すると様々な症状を引き起こす可能性があります。
背中の羽が美しいぽん先生

文鳥と羽咬症

羽咬症は様々な要因で発生するため、原因の特定には飼い主の積極的な情報提供が重要になります。何でもかんでも「ストレス」で片付けてしまうのではなく、基礎的疾病の可能性も踏まえて日頃の健康観察を行いましょう。主な原因について詳しく記載してありますので、ご一読ください。
わたあめになるぽん先生

綿羽-ふわふわの断熱素材

綿羽(めんう)は全身に生えているふわふわの羽です。文鳥の正羽の構造や発生、機能などについて詳しく研究し、可愛い文鳥動画を使って分かりやすく解説しています。文鳥を飼っている方、文鳥について一般的な飼育書以上の知識を探している方は必見です。
真剣そうなぽん先生

文鳥とトリコモナス症

トリコモナス症は文鳥がかかる病気の中でも特に有名です。トリコモナス原虫に寄生されることによって感染し、特に幼鳥やヒナが死に至るケースが多い病気です。しかし、正しい知識を身につけることで予防することができますし、早期に発見できれば幼鳥やヒナでも助けることができます。しっかり学んでいきましょう。
胸を羽繕いするぽん先生

胸筋を触って健康状態を知る

非常に発達した文鳥の胸筋は、日々チェックすることで健康管理に役立てることができます。体調が悪くなると最初に影響が出る部分の1つであるため、病気の早期発見につなげられます。胸筋チェックのポイントや注意点と共に理解し、日頃の健康観察に取り入れましょう。
座り込むぽん先生

文鳥と筆羽出血

筆羽出血(ひつうしゅっけつ)とは、まだ成長途中の羽である筆羽を損傷することによって発生する出血で、普通の出血よりも止血が難しいのが特徴です。とはいえ、きちんと処置すれば致命傷には至らないので、事前の学習と冷静な対応が重要です。
換羽中の羽繕いをするぽん先生

正羽-翼に生える立派な羽

正羽(せいう)は翼や尾などに生えている立派な羽です。文鳥の正羽の構造や発生、機能などについて詳しく研究し、可愛い文鳥動画を使って分かりやすく解説しています。文鳥を飼っている方、文鳥について一般的な飼育書以上の知識を探している方は必見です。