派手に登場するもちまる先生

文鳥の栄養学―炭水化物

炭水化物は「三大栄養素」の中でもエネルギー源として最も重要な栄養素です。小型の鳥類は高い体温を維持したり、飛翔という爆発的な運動を頻繁に行うために、速効性のエネルギー源である炭水化物を常に摂取する必要があります。文鳥における炭水化物について詳しく学びましょう。

講義中にお昼寝タイムを迎えたぽんすけ先生

文鳥の栄養学 ― 脂質

ネガティブなイメージを持たれがちですが、実は体を健康に保つために欠かせないのが脂質です。脂質は量のコントロールだけでなく、必須脂肪酸をバランスよく摂取するという「質のコントロール」も重要になります。文鳥における脂質について詳しく学びましょう。

スマートに講義するもみじ先生

文鳥の栄養学 ― タンパク質

タンパク質はアミノ酸が多数結合してできています。筋肉や臓器はもちろん、クチバシや爪に至るまで、タンパク質は体を構成する要素として非常に重要なものです。さらに、酵素やホルモン、免疫物質など、生理機能の維持にも幅広く関与しています。文鳥におけるタンパク質について詳しく学びましょう。

おやつを食べたいぽん先生

文鳥の餌-成鳥にはどんな餌をあげればいいの?

文鳥を初めて飼う場合、そもそも餌として何を用意すべきなのか迷います。今回は、大人になった文鳥の餌として一般的に与えられている食品の種類と「なぜ与える必要があるのか」という理由を学びましょう。それぞれ具体的なおすすめの商品も紹介していますので、最初の餌選びの参考にしてください。

エネルギー摂取中のかえで先生

鳥と基礎代謝量-小鳥は1日何kcal消費しているのか?

鳥にとってエネルギーは飛翔という運動のために大量に必要な栄養素ですが、安静にしている時でも体温維持のためにたくさん必要になります。何もしていなくても消費されるエネルギーの量を基礎代謝量といいますが、小鳥は1日あたり何kcalを基礎代謝として消費しているのでしょうか?

スリムさをアピールするぽん先生

文鳥とダイエット

文鳥は太りにくい体質をしていますが、それでも肥満になってしまった場合はダイエットが必要になることがあります。ただし、文鳥のダイエットを人間のダイエットと同じ様に気軽なものと考えてはいけません。文鳥のダイエットを慎重に行わなければならない理由と、具体的にどのようなダイエット方法があるのかについて学びましょう。

学習期のぽん先生

文鳥のヒナと学習期にやること

おおむね4週齢から11週齢の文鳥のヒナ(幼鳥)は学習期であると言われます。この時期に経験したことは決して忘れないため、いかに良い習慣を身に着け、悪いクセを付けさせないかが重要です。今回は、学習期のヒナが経験すべきことについて学びます。

こちらを見るぽん先生

文鳥の主食となるエサの基礎

文鳥を初めて飼う飼い主は、「そもそも文鳥の主食って何?」というところからしっかり学んでいく必要があります。ここでは、文鳥の主食として一般的に利用されている「シード」と「ペレット」について、その基礎を解説します。それぞれのエサの違いを理解して、適切に扱える飼い主になりましょう。

厳しい面持ちで鎮座するぽん先生

文鳥と産褥テタニー・産褥麻痺

産卵は様々なリスクがつきまとう命がけの行為です。産褥テタニー・産褥麻痺もそのひとつで、産卵によってカルシウムが失われることをきっかけに、痙攣や麻痺を起こします。重篤な場合は急死することもあるため、産卵期の栄養管理には繊細な注意を必要とします。

もちもちぽん先生

文鳥と肥満

文鳥は太りにくい体質をしていますが、不適切な食餌や病気を原因として肥満になる場合があります。人間と同様、文鳥にとっても肥満は様々な病気を引き起こすため、しっかり予防する必要があります。肥満の原因と肥満が起こす病気、そして肥満の予防について、詳しく学んでいきましょう。